化粧品輸入代行のグロース

化粧品輸入代行│有限会社グロースでは、貴方の会社の化粧品輸入を御支援いたします。



















化粧品を輸入するためには、薬事法に準拠する必要があります。

まずは、化粧品製造販売業・製造業の「業許可」を持つ業者のみ輸入・販売が認められています。

化粧品には購入された方に分かりやすいように販売名や製造販売業者、ロット番号など製品に関する情報の表示が必要です。

薬事法では第61条に定められており、その表示は化粧品が直接入っているビンや箱(直接の容器又は直接の被包)に行わなければなりません。

≪化粧品を箱などに入れて販売するときの注意点≫
その化粧品を更に不透明な箱などに入れて包装すると、薬事法で定められた表示が外からは見えなくなってしまいます。

そのような場合には、その外側の箱や包装紙(外部の容器又は外部の被包)にも、同様に薬事法で定められた内容の表示事項を記載しなければなりません。


当社では、これらの専門的で煩雑な業務を代行いたします。

日本国内で製造される化粧品は世界的に見ても、品質や安全性に優れていると言われていますが、外国製の化粧品の場合には、日本で使用・配合が禁止されている成分が含まれていることがあります。

したがって、化粧品輸入業者は、日本に化粧品を輸入する前に成分を分析し、製品中に禁止成分が含まれていないことを確認する必要があります。

さらに、改正薬事法により、品質管理(GQP)/販売後の安全管理(GVP)を今までに増して徹底することになっており、管理基準が厳しく、また販売後のトラブルに対しても海外製造メーカーと多くのやり取りが発生します。

そこで、私たち豊富な輸入実績を有する化粧品輸入の専門家が、化粧品の輸入・販売における様々なトラブルに対し、御社をサポートいたします。

 

 


Copyrights (C) Growth All rights reserved.